アルバイトとは

アルバイトとは、正規雇用の正社員でない非正規雇用者を指し、決められた期間や時間において雇用される従業員を呼ぶ言葉です。

ドイツ語のArbeit(労働・業績)から転じて「本業とは別に収入を得るための仕事」の意味で使われ学生が一時的に行う仕事を指しますが、社会人でも期間が限定されていたり、仕事内容が限定されているものに関しての求人などには総じてアルバイト、もしくはバイトという言葉が使われています。
似たものでパートタイマーがありますが、どちらも明確な区別はなく、非正規雇用者という点で同様です。

総務省での労働調査の定義では「週就業時間が35時間未満の労働者」、厚生労働省の毎月勤労統計調査の定義では「1日の所定労働時間、又は1週の所定労働時間が当該事業所の一般労働者よりも短い従業員」パート労働法の定義では、1週間の所定労働時間が正社員よりも短いもの、又は正社員と1日の所定労働時間が同じでも所定労働日数が少ない者」となっています。

正社員とアルバイトやパートは雇用の時の条件が異なっていますが、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律としてパート労働法がパートタイム労働者の福祉の向上を図るために1993年に施行され、条件を満たせば社会保険に加入する権利もあり、有給休暇も取得することができ、労災保険も適用されることになっています。

このようにパートタイマーとアルバイトは同じ扱いになりますが、アルバイトは本業の傍ら副業としてやる仕事という意味合いで使われる場合も多いために、違う扱いをされる傾向にあるようです。